手作りパン大好き!Home > 製パン修行 > パン屋さんでのアルバイト

パン屋さんでのアルバイト


パン屋さんにはいろいろあって、仕入れたパンを売るだけのお店、冷凍生地を大手製パン会社から仕入れて成型して焼いて出しているお店、生地を粉から作って焼いているお店、大きくこの3つに分類されます。

私が働いているお店は生地を粉から作っていますが、やっぱり朝が早いっ!
社員の人や仕込みをする人は基本3時半から働いています。(私は5時半から働いています。)

昨日のバイトは土曜日ということもあって、いつもの倍の個数を作りました。
社員のAさん、さすが早いっ!
私の3倍くらいのスピードでカスタードやチョコレートクリームを包んでいきます(*^o^*)
私もちょっとだけコツをつかんだので、今日はいつもより早くでき心の中で小さくガッツポーズo(^▽^)o

今はたいていのパン屋さんはパンの生地を温度管理できるドゥコンという機械(大きな冷蔵庫みたい)をおいていて焼きたいときにパンが焼けるんです!
前日に生地をこねて分割して丸めた状態または成型した状態で冷蔵し、次の日の好きな時間に成型、焼成するんです。
これまでは、なま生地しか触ったことがなかったので、初めて冷蔵生地を成型したときはやりにくかったヾ( ´ー`)

お店でやっているように家庭でも冷蔵生地でうまく焼けるか社員さんに聞いてみましたが、やはりイーストが違うそうです(-_-#)
通常のイーストは35~36℃で活発に働くのですが、4℃くらいになると活動が停止し、死滅してしまうイーストも出てきます。
でもパン屋さんが使っているイーストはとっても元気な状態で冷凍されたイーストなので、4℃くらいでも大丈夫なんですって。

このことはモバックショーでサフのイーストを扱っている日仏商事に行ったとき営業の方に聞きました(^O^)/
この手のイーストをセミドライイーストといいます。2年くらい前から一般にも売られているらしく(全然知らなかった!)あわじやさんで扱っているそうですよ。

今度サンプルを送ってくださるのでまた使ってみてどうだったか報告しますね('-^*)/
PICT0042.jpg
日仏商事さんのサフ セミドライイースト



Comments:0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://blog.breadio.jp/tb.php/10-6f6a1948
Listed below are links to weblogs that reference
パン屋さんでのアルバイト from 手作りパン大好き! Breadio店主のブログ

手作りパン大好き!Home > 製パン修行 > パン屋さんでのアルバイト

Recent Comments
Search Inside
Feeds
Archives

Return to page top