手作りパン大好き!Home > パン屋経営 > パン屋を2年半やって分かったこと

パン屋を2年半やって分かったこと


お店をオープンして2年と半年が経ちました。
いろいろな出来事や感じたことを半年おきに振り返ってブログに書いているのですが、今回はその5回目。
この半年は、お店にとっても私にとっても小さな転機になった気がします。


■顔面麻痺

3月から4月にかけて体を壊し入院し、2週間もの間お店を臨時休業してしまいました。
原因は過労だったのですが、やっと退院という日に顔面麻痺になってしまったんです。。。

顔の左半分が思うように動かず、言葉が話しにくい、飲み物が口元からこぼれる、まぶたが閉じないなど、最初は症状が重かったのですが、これ以上お店を閉めておく訳にもいかず、マスクで顔を隠しながら仕事をしていたんです。

お医者様いわく病気や体調不良が治った時に顔面麻痺になることがあるらしく、私はまさにそのパターン。ベル麻痺という種類のものでした。

マスクで顔を隠しながら仕事をすること2週間、症状が随分マシになり、1か月ほどでほとんどの症状は治まったものの100%元に戻った状態ではなかったので、その後も鍼治療や電気治療をずっと続け、やっと元に戻ったのはつい最近のことなんです。

最初は元に戻るかな、戻らなかったらどうしようと本当に心配で。。。
退院してからも無理は出来ないので主人も息子たちも家事を手分けしてやってくれました。おかげで今は元気になってほっとしています。


■割り切り
退院して営業を再開してからは、夕方にはスタッフに仕事を任せて先に上がるようにし、これまで毎日15時間くらい働いていたのを10時間くらいに減らしました。
個人で商売をされている方々と話をすると、同じように体を壊して仕事のやり方を変えたという方がちらほら。
ついつい遅くまで働いてしまいますが、一度体を壊すと割り切れるものですね。
以前と同じことを続けていたら、また体を壊していろんな方に迷惑をかけてしまうし、これからは細く長くを心掛けてやっていこうと思います。


■スタッフ
定休日の月曜日は仕込みの仕事があって、休みの日も実は休みではないのですが、退院後はその仕込みもスタッフに任せるようにしました。
営業日に早めに上がるようにしたのも、仕込みを任せるようにしたのも、全部スタッフからの提案なんです。

Breadioのスタッフは全員女性でアルバイト。
みんな家庭やプライベートがあるからフルタイム働けないだけで、仕事の質も高くスピードも早い、その上、私の体を気遣ってくれて自ら仕事を買って出てくれます。
自宅でもパン作りをしているスタッフが多くて、「いつかお店を持ちたい」という人も。

実は私の入院中、1日だけスタッフのみで営業したんです。
きっとやれるだろうと思って任せてみたら見事にお店を切り盛りしてくれました。

私がこうして体の負担を減らすことができるのは仕事を任せられるスタッフのおかげです。
本当にいつもありがとう!


■値上げする
昨年の春ごろから続く材料費の高騰が今も続いています。
ひどいものだと一気に30%も値上げされたり。こんなに上がるなんて。。。正直しんどいです。

限界を感じて当店も4月に値上げをしました。
値上げをするのはとても勇気がいります。
お客様が減るんじゃないかと不安になるのです。

でも、私は材料や製法に妥協したくないから、少々高くなっても食材に気を配り(もちろん少しでも安く仕入れられるように頑張っています)体にいいもの美味しいものだけを作り続けたい、質は一切落としたくない、という思いで少し値上げをさせていただきました。

値上げをした後、お客様数は1割ほど減りました。
営業時間も短縮したので値上げだけが原因ではないと思いますが、今回値上げをして分かったことがあります。

当店をご贔屓にしてくださるお客様は、お店のこだわりと同じこだわりを求めているということ。
こだわりや味の違いを分かってくださっているお客様がたくさんいて、そういったお客様に支えられているんだということに改めて気付かされました。

なので、これからもご贔屓にしてくださるお客様のために、質を落とすようなことは絶対にせず、「買った次の日もパサつかないしっとり美味しいパン」「毎日安心して食べられる安全なパン」を作り続けていこうと思います。


■転機
体を壊す前は事業を拡大させようとしてパンの種類や製造量をどんどん増やし続けていたんです。
でもそんな毎日にお店も私もスタッフも疲弊してたんですね。
そこで退院した後、スタッフ全員で話し合って180度考えを変えることにしたんです。
拡大じゃなくて縮小しようと。

そしていろんなことを変えてみました。
営業時間を短縮し、パンの種類を減らし、スタッフ全員が早く帰れるようにシフトを見直し、価格も改定するなど一気に変えてみたんです。

これは大きな賭けでした。やっていけるのか内心不安でいっぱいでした。
いろいろ一気に変えると結果の原因も分からなくなってしまうし。。。
でも長く続けたかったから思い切って変えてみたんです。もし上手く行かなかったらまた見直したらいいやくらいの気持ちで開き直って。

そしたら不思議なもので・・・なんとかなるものですね(笑
いろんな歪みが正常になってきた感じで、体を壊したことが結果として転機になった気がします。
スタッフも自分たちだけでできることが分かって自信になっただろうし、そして、お客様は変わらずご贔屓にしてくださいます。

小さな転機だけど、お店の成長も実感した半年でした。
無理せず、ぼちぼちやっていこうと思います。





Comments:1

承認待ちコメント by 2015-11-27 (金) 22:37 edit

このコメントは管理者の承認待ちです

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://blog.breadio.jp/tb.php/574-c107e893
Listed below are links to weblogs that reference
パン屋を2年半やって分かったこと from 手作りパン大好き! Breadio店主のブログ

手作りパン大好き!Home > パン屋経営 > パン屋を2年半やって分かったこと

Recent Comments
Search Inside
Feeds
Archives

Return to page top